クリープハイプの曲「ラブホテル」の思い出

クリープハイプの曲「ラブホテル」の思い出 ラブホテルが舞台の作品

どうも、ラブホ清掃員のZ(@loveho_z)です。

 

ラブホ清掃員Z
ラブホ清掃員Z

今回もラブホテルが舞台の作品を紹介したいと思います。。

今回紹介するのはクリープハイプという日本のバンドの「ラブホテル」という曲です。

そのままですね。

良い曲なので聴いたことない方は聴いてみてくださいで終わりなんですけど、、この曲はプロフィールにも書いた30代前半で初めてそういう関係になった子との思い出のある曲なので、その思い出を少し書いてみようと思います。

もし興味がある方がいれば読んでいってください。

 

クリープハイプ「ラブホテル」の歌詞

知らない方のために、YouTubeの動画と歌詞を紹介します。

クリープハイプ – ラブホテル

夏のせい 夏のせい
夏のせいにすればいいからさ
冷たい位がちょうど良い

私は君とは違うからね
『もしもし、あっ今大丈夫?』
とかの一般常識が命取りになるの

私は君とは違うからね
『最後まで読んでくれてありがとう』
とか文末に書く煩わしさが大事なの

会ったら飲んでデキそうな
軽い女に見られて
吹いたら飛んで行きそうな
軽い男に言われた

何もしないから少し休もうか

夏のせい 夏のせい
夏のせいにしたらいい
それでも駄目なら
君のせいにしてもいい
これから季節が冬になってしまったら
誰が温めてくれるんだよ

『えっ、そんなつもりじゃなかったんだけど とか今更言われても困るよ』
とか今更言われても困るよ

出会ったあの日は 103です
それからの毎日は 307です
別れたあの日は 403です

一回位 減るもんでもないし

夏のせい 夏のせい
夏のせいにしたらいい
それでも駄目なら
君のせいにしてもいい
これから季節が冬になってしまったら
誰が温めてくれるんだよ

今でも
忘れられないよ

引用:uta-net.com

ラブホ清掃員Z
ラブホ清掃員Z

歌詞の内容は”ひと夏の恋”っていう感じですね。。

PVもおもしろかったんですけど、ショートバージョンしか見れなくなってます。。(検索すれば海外のサイトで見れますけど…)

 

クリープハイプ「ラブホテル」の思い出

ラブホ清掃員Z
ラブホ清掃員Z

ひと夏の恋です。。

クリープハイプというバンドを知ったのが、「ラブホテル」が収録されているアルバム『吹き零れる程のI、哀、愛』が発売される前後くらいだったと思います。

その知ったきっかけが、30代前半のときに初めてそういう関係になった子でした。(相手からはセフレって言われてたから彼女とは言えません。。)

ラブホ清掃員Z
ラブホ清掃員Z

その女の子におすすめされた「ラブホテル」と「憂、燦々(同アルバム収録曲)」を聴くと、今も切ないような懐かしいような気持ちになります。。

一緒にPVを見たのを思い出しますね。。

初めてクリープハイプを知ったのが、その女の子に教えてもらってからで、フラレてからはあんまり聴かなくなったので、クリープハイプ(特に「ラブホテル」と「憂、燦々」あたり)を聴くと当時を思い出します。

そして、その女の子にはすぐにフラレてしまったので、「ラブホテル」は自分にとってひと夏の恋の思い出の曲といっていいんじゃないでしょうか。(季節もちょうどそのくらいだった気がします)

ただ残念ながら?、おもに自分の部屋でそういうことをしてたので、ラブホテルは使わずに終わってしまいました。。

なので、人生で一度もラブホテルを使ったことがありません。

ラブホ清掃員Z
ラブホ清掃員Z

そのときラブホテルを使ってたら、ラブホ清掃員Zは生まれてなかったかもしれないです。。

それ以来そういう関係になった子はいないんですけど、最近出会い系をはじめたので、今年の夏はひと夏の恋を手に入れたいと思います。

ラブホ清掃員Z
ラブホ清掃員Z

ひと夏と言わずに、それ以上になる女性と出会えるようにがんばりたいです。。

クリープハイプの「ラブホテル」の思い出はそんな感じです。。

自分はフラレて以来、クリープハイプはあんまり聴いてないんですけど、今も活躍してるみたいなので、聴いたことないという方はぜひ聴いてみてください。

 

コメント