動画編集ソフトをFilmora(海外版)に変えました

Filmora XYoutubeのはじめ方

こんにちは、生きる(@loveho_z)です。

生きる
生きる

こんにちは!

今まで動画編集は「PowerDirector(パワーディレクター)」というソフトを使ってたんですけど、1年の契約期間が終わったので、「Filmora(フィモーラ)」というソフトに変えました。

そして、Filmoraは海外版が日本版と変わらない性能なのに2,500円くらい安いので、海外版を購入しました。

生きる
生きる

Fimoraも1年契約にしたので、1年間だけ使ってみようと思います!

※追記・修正(2021/4/19)

生きる
生きる

Filmoraを使って切り抜き動画を100コ作ったときに感じた、Filmoraの良い点・悪い点を追記しました。

スポンサーリンク

Filmoraは海外版が安い

前回の記事で、何ヶ月ぶりかに動画を投稿したんですけど、その動画の編集に使ったソフトがFilmora(フィモーラ)という新しく契約したソフトになります。

生きる
生きる

1年契約で4,500円くらいです。

海外版は日本版より2,500円くらい安くなります。

海外版といっても普通に日本語で使えるので、もしFilmoraを使うなら海外版で購入したほうがお得です。

生きる
生きる

「Filmora 海外版」とかで検索したら、海外版の購入方法は出てくると思います。。

めんどくさいのでここでは説明しませんけど、購入する場合は調べてみてください。

切り抜き動画を作って感じたFimoraのメリット・デメリット

メリット

メリット
  • シンプルで使いやすい
  • ネットに情報が多い
生きる
生きる

Premiere ProとかDavinchi Risolve、AviUtlのような複雑な編集はできないですけど、その分シンプルで使いやすいです。

あと、以前使っていたパワーディレクターと比べて、検索したときに情報が多い気がします。

なので、操作とかに困ってネットで調べたときに、答えが見つかりやすいような印象を持ちました。

生きる
生きる

初心者でも安心。

デメリット

デメリット
  • 文字の2重縁取りをするのがめんどくさい
  • 機能がシンプルすぎて慣れてくると物足りない
  • 使いたいエフェクトが有料だったりする
同じ文章を2つ作って重ね合わせる
同じ文章を2つ作って重ね合わせる
生きる
生きる

2重縁取りはできるんですけど、同じ文章を2つ作って、それを重ねるっていう、ちょっとめんどくさい方法になります。

1度2重縁取りを作ったら保存ができるので、使い回しをすることはできます。

でも、位置の調整をしたかったり、文章を変えると位置がズレたりするので、そのときに2つの文章をピッタリ重ね合わせるのが結構めんどくさかったです。

生きる
生きる

パワーディレクターも同じ方法でしか2重縁取りできなかったので、2重縁取りを自由に使いたいなら、Premiere ProとかDavinchi Resolveとか上位の編集ソフトを使うのが良いのかも。

文字のアニメーション例
文字のアニメーション例
生きる
生きる

アニメーションとかトランジション(場面転換)の設定の自由度が少し低い気がしました。

例えば、文字が上から落ちてくるアニメーションがあったとして、上から落ちてくる速度を変えられないとか。

生きる
生きる

アニメーションの種類によって、速度を変えられたり変えられなかったりでした。

トランジションも文字だけに適用したいときに、画面全体に適用されてしまうみたいな仕様があって、若干使いづらかったです。

有料のエフェクト。集中線パック
有料のエフェクト。集中線パック
生きる
生きる

あとは、公式のエフェクトで使いたいと思ったものは、有料になってるのが多かったです。

ただ、エフェクトは無料でもある程度使えるものが用意されていたり、ネットで探すと無料で配布されていたりもするので、デメリットというほどでもないかもしれません。

Filmstockのサブスクプラン
Filmstockのサブスクプラン

まとめ

生きる
生きる

デメリットもあるけど、料金を考えると、まぁ及第点じゃないかなぁと思います。

基本的な編集機能は付いていますし、複雑な編集ができない分、操作が簡単なので、すぐに使い始めることができました。

Davinchi ResolveやAviUtlは無料で色々できるけど操作が複雑みたいですし、Premiere Proは料金が高かったりするので、ちょうど中間くらいにあるFilmoraは編集に慣れるのにちょうどいいんじゃないかなと思います。

生きる
生きる

同じ位置づけのパワーディレクターと比べると、若干機能が少ないかも?

文字のアニメーション速度を自由に変えるみたいなのは、Filmoraだとできたりできなかったりでしたけど、パワーディレクターだとできてました。(たぶん)

生きる
生きる

ただ、海外版を買えばFilmoraのほうが安いですし、情報はFilmoraのほうが探しやすかった気がするので、どっちでもいいかなって思います。

というわけで、以上になります。

コメント