交通量調査のバイトはやっぱりラク

交通量調査短期バイト編

こんにちは、生きる(@loveho_z)です。

生きる
生きる

こんにちは。

以前も働いたことあるんですけど、また日雇いで交通量調査のバイトに行ってきたので、感想とかを書きたいと思います。

スポンサーリンク

交通量調査のバイトはラク

生きる
生きる

今回は3日ほど行ってきたんですけど、全部やっぱりめっちゃラクでした。

  • 7:00~19:00
  • 日当11,000円(交通費込み)
生きる
生きる

詳しい条件は調べないと分かんないんですけど、3日とも12時間勤務で日当1万円ちょいだったと思います。

パイプ椅子を向かい合わせで使うパターン。
パイプ椅子を向かい合わせで使うパターン。

前回の記事で行ったときよりラクでした。

天気も良かったですし、10月だったので気温もちょうどよかったです。

というか、前回の記事で行った会社は今思うとあんまり良くなかったですね。

生きる
生きる

朝集合したあとに電車移動があったり、仕事が終わったあとに給料もらうために1時間くらい並んだり・・・。

今回は2日同じ会社で1日違う会社だったんですけど、どっちもテキパキで仕事終わってすぐ帰れる感じでした。

社員さんの対応も良かった気がします。

生きる
生きる

会社選び大事っぽい!

2人1組でも3人1組でもどっちにしろラク。ただ、渋滞長調査は大変そうかも。

生きる
生きる

今回、1日目は2人1組で組んで、2時間仕事して2時間休みっていうルーチンでした。(正確には最初と最後が1時間交代で、自分は1時間早く帰宅)

2日目以降は、3人1組で組んで、2時間仕事して1時間休憩っていうルーチンだったんですけど、まぁどっちにしろラクでした。

生きる
生きる

座ってカチカチやるだけなので、めっちゃラクです。

ただ、今回はじめて「渋滞長調査」っていう調査をやる人がいたんですよね。

自分はやったことなくて、やり方も分からなかったのでしなかったんですけど、渋滞長調査の人は仕事中ずっと立ちっぱなしだったので、ちょっと大変かもと思いました。

生きる
生きる

時間が経つのは早いのかもしれないですけど…。

家でビデオを見て交通量調査をするっていうさらにラクなバイトもあります

左折、直進、右折等を記録するカウンター
左折、直進、右折等を記録するカウンター
生きる
生きる

前回の記事で書いたポスティングのときみたいに、「決められた量をこの期間で終わらせて」みたいなスタイルだったので、自由な時間に作業できます。。

内容的には、ビデオに録画された交差点の映像を見ながら、実際と同じように交通量調査をするという感じです。

普通は何人かで分担する内容を一人でやるので、1.2~2倍速などで再生することで時間を短縮します。

一応、自分もやる流れになってて、実際少しやってたんですけど、ちょっとこの仕事を回してくれる方が電話めっちゃかけてくるので、めんどくさくなって無視してたら無くなりました。

生きる
生きる

仕事自体はめちゃくちゃラクそうだったけど、メンタル弱ってたし、まぁ仕方ない。。

レアすぎるので、なかなか求人募集してないでしょうけど、もし募集があったら仕事自体はラクだと思うので、応募してみてもいいのではないでしょうか。

おわりに

生きる
生きる

今回働いた2社とは違うんですけど、もし交通量調査に興味がある方は上記のサイトに登録しておくと、募集があるときにメール等で連絡が来ます。。

サーベイリサーチというところです。

大手で待遇も悪くないらしいので、交通量調査に興味がある方は登録しておくのもアリだと思います。

生きる
生きる

自分も一応登録してます。。

ということで、今回は以上です。

では。

コメント