必要最低限のカロリーを摂らなきゃ死んじゃう

カロリー計算日常

こんにちは、生きる(@loveho_z)です。

生きる
生きる

お腹すいた。

お腹すきすぎて頭がクラクラする。。

スポンサーリンク

1日に最低限必要なカロリー=基礎代謝量

生きる
生きる

1日に最低限摂らなきゃいけないエネルギー量(カロリー)のことを、基礎代謝量っていうらしいのが分かったので、自分の基礎代謝量を上記のサイトで調べてみました。

基礎代謝量1,631。総消費カロリー量2,447。理想摂取カロリー量2,039。
基礎代謝量1,631。総消費カロリー量2,447。理想摂取カロリー量2,039。
生きる
生きる

基礎代謝量が1,631kcal、総消費カロリー量2,447kcal、理想摂取カロリー量2,039kcalでした。

寝起きに頭がクラクラした日の前日に食べた食事は、納豆と卵を入れたオートミールだけだったので、たぶん全然足りてなかったです。

生きる
生きる

もうちょっと量を増やさないとダメっぽい。

最近の食事のカロリーを計算してみました

生きる
生きる

上記のサイトを使って、カロリーを計算してみた結果が、下の画像です。

最近の1日分の食事のカロリー摂取量=1,535kcal
最近の1日分の食事のカロリー摂取量=1,535kcal
生きる
生きる

総カロリー1,535kcal。オートミール大さじ7杯、玉子2コ、パスタ1.5人前(150g(茹で上がり時375g))で計算しました。

プロテインも飲んでるので、上記の数字より多少高くなると思いますけど、それでも基礎代謝量ギリギリとかです。

生きる
生きる

そもそも、理想摂取カロリー量が2,039kcalだったので、もう少し食べる量を増やしたほうが良いかも。

主食の量を増やしたパターン=2,305kcal
主食の量を増やしたパターン=2,305kcal
生きる
生きる

栄養のこととかグルテンが体に悪いとかいうのを無視すると、小麦粉の量を増やすのが安くて簡単にカロリーを増やせる一番の方法かも、、?

※追記 この記事を書いたあとに調べたんですけど、グルテンは小麦アレルギーとかではない限り、あんまり気にしなくてもいいみたいです。

主食のコスト

主食のみで基礎代謝量を摂取するときのグラム数
主食のみで基礎代謝量を摂取するときのグラム数
生きる
生きる

基礎代謝量(1,600kcalと仮定)を主食のみで摂るとすると、1日に必要な量は上記画像のようになります。

  1. 小麦粉 1日440g→30日1,399.2円(1kg106円で購入した場合)
  2. パスタ 1日432g→30日2,203.2円(1kg170円〃)
  3. 白米 1日450g(3合)→30日2,945.16円(10kg2,181.6円〃)
  4. 食パン 1日600g(6枚切り10枚)→30日3,600円(6枚切り72円〃)
生きる
生きる

1ヶ月(30日)でどれくらいお金がかかるか計算した結果が上記です。

お米は業務スーパーにある10kg2,020(税別)のお米で計算してるので、普通のスーパーに売ってる5kg2,000円弱のものだと、1ヶ月にかかる金額はもっと高くなります。

生きる
生きる

小麦粉、食パンも業務スーパーで、パスタは近所のドラッグストアで実際に購入した金額を参考にしています。

やっぱり小麦粉を主食にするのが一番安いです。

生きる
生きる

ただ、これはカロリーしか見てないので、栄養のこととかを考えるとまた変わってくると思います。。

玄米と大豆で完全栄養食?

玄米2.5合と大豆0.5合で1,600kcal

生きる
生きる

安く済ませるなら小麦粉っぽいけど、グルテンが体に悪いとか聞くからなぁと思ってたら、下の記事を見つけました。

つまり、1日当たり玄米2.25合+大豆0.5合強を食べれば生存可能ということがわかりました。

コストパフォーマンスの高い食材とは – 六帖のかたすみ

玄米2.25合と大豆0.5合強を毎日食べてれば生きていけるらしいです。(1日1,500kcalのとき)

生きる
生きる

玄米と大豆なら体によさそう。。

玄米2.5合(1合150g→炊きあがり後330gで計算)と大豆0.5合のカロリー=1,675kcal
玄米2.5合(1合150g→炊きあがり後330gで計算)と大豆0.5合のカロリー=1,675kcal
生きる
生きる

自分の場合、基礎代謝量が1,600kcalなので玄米2.5合で計算しました。

玄米2.5合と大豆1/2カップで、基礎代謝量の1,600kcalを摂ることができます。

毎日玄米2.5合と大豆0.5合を食べたとき、1ヶ月にかかるお金

1ヶ月あたりにかかる金額も計算してみました。

  • 玄米 1日375g→30日5,195.25円(5kg2,309円で購入した場合)
  • 大豆 1日75g→30日1,571.625円(2kg1,397円で購入した場合。10kg3,800円で購入した場合は月855円)
生きる
生きる

足すと、1ヶ月(30日)あたり6,766.875円になります。(大豆を10kgまとめ買いした場合は、6,050.25円です)

玄米と大豆は、Amazonでチラッと探しただけなので、もっと安いのがあるかもしれません。

生きる
生きる

小麦粉の1ヶ月1,399円と比べると高く感じますけど、玄米と大豆は、カロリーも必要な栄養も摂れて月6~7千円なので、意外とコスパは良いかもです。

(玄米と大豆)あとは適量の野菜・果物と、時々タマゴ・乳・鶏肉を取れば安く栄養満点の食生活が送れそうです。

コストパフォーマンスの高い食材とは – 六帖のかたすみ
生きる
生きる

という感じでした。

来月以降はカロリーだけじゃなくて栄養とかも考えながらやっていきたいと思います

生きる
生きる

今月は小麦粉とパスタでしのごうと思うんですけど、来月以降はお米とか買ってみたりして、健康のことも考えつつやっていこうかなと思います。

たぶん。

生きる
生きる

以上です!

コメント