ポスティングのバイトやってみた。

ポスティングポスティング

こんにちは、生きる(@loveho_z)です。

生きる
生きる

こんにちは。

今回は、2021年8月~10月の間に働いたポスティングのバイトについて、感想とかを書いていきたいと思います。

ポスティングのバイトは、働く会社によって時給制だったり、歩合制だったり、出社が必要だったり、必要なかったり等、条件が色々違うので、自分のケースがすべてに当てはまるわけではないですけど、ひとつの例として少しでも参考になれば幸いです。

生きる
生きる

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

結論:まったく稼げなかったけど、社会復帰の第一歩としては良かったかも

生きる
生きる

結論を先に言うと、全然稼げなかったですけど、ひきこもり状態から社会に復帰するためのリハビリ的な仕事という意味では良かったのかもと思いました。。

上の記事でも少し触れてるんですけど、2021年の7月とか8月頃って、全然メンタルが安定してなかったんですよね。

お金ないのにお酒がやめられなくて、かといって、1年以上まともに働いてなかったので、働く気にもなかなかなれなくて。

外にもほとんど出てなかったので、ウーバーイーツとかもする気にならなくて。

ポスティングスタッフ募集のチラシ。
ポスティングスタッフ募集のチラシ。
生きる
生きる

で、そういう行き詰まった状態のときに、家のポストに入ってたのがポスティングスタッフ募集のチラシです。

ネットで情報を調べたら、あんまり稼げそうではなかったですけど、月に3~4万円でも稼げたら全然助かるし、なにより今の自分でもできそうかなぁと思って応募してみました。

生きる
生きる

そして、3ヶ月働いた結果がコレです。

ポスティングバイト3ヶ月間の振り込み金額
ポスティングバイト3ヶ月間の振り込み金額
生きる
生きる

3ヶ月で合計23,185円でした。

当初の予定よりだいぶ少なくて、正直、なんの足しにもならなかったんですけど、外に出るきっかけにはなったので、良かったかなと思います。

生きる
生きる

1週間ごとに「これを配ってください」って依頼されるんですけど、1回に依頼される枚数が少なくて、さらに2週間に1回しか依頼が来なかったので、仕方ないといえば仕方なかったです。。

今だったら少し元気なので、「毎週配りたい」とか「もう少し配る量を増やしたい」みたいに、会社の人に頼んでたかもしれません。

でも、当時はその少ない依頼でも配るのがやっとだったので(1日で配れる量を2日に分けたりしてた)、「仕事量を増やしてもっと稼ぎたい!」とはあんまり考えなかったです。

生きる
生きる

結果的にリハビリとして、ちょうど良かったと思います。。

なので、空いた時間に自分のペースで自由に稼ぎたいみたいに考えてる人には、あんまりオススメできないですかね。

散歩のついでに少しでもお金がもらえればいいやーくらいの気持ちじゃないと、稼げなさすぎて失望することになると思います。

生きる
生きる

ポスティングで稼ぐなら、原付きバイクや電動自転車で、フルタイムで、広い範囲にたくさんの量を配るとかじゃないと無理かも。もしくは、時給制のとことか。。

ただ、気楽に仕事できるのはスゴく良かったので、もう少し条件が良いところがあれば、またやってみてもいいかなぁと考えてたりします。

生きる
生きる

長くなりましたけど、感想としてはそんな感じです。

ポスティングバイトの給料や仕事内容

  • 歩合制(1件1.2円~3.2円)
  • 仕事の流れ:金曜に翌週の配布場所や配布枚数等を電話で告知→火曜にチラシが自宅に届く→水曜~翌週の月曜で配布を完了する
  • 配布時間は6時~21時(夏場は4時~23時)
  • 仕事中は貸与されたGPSを起動させておく
  • 配布前と配布後に電話で報告(これがスゴくめんどくさくてイヤでした。しかも、電話代はこちら持ち)
地図
自分が配る範囲の地図は会社から支給されます
生きる
生きる

うちの会社の場合は、上に書いたような条件でやってました。依頼された枚数を6日以内に配り終えればいいので、出勤日や時間は自由です。その点は気楽でよかったかも。

チラシの山
チラシの山。枚数多いとそれなりの重さがあります(マグネットがあるとかなり重いです)
生きる
生きる

思ったより重くてかさばるので、リュックを背負って、さらにショルダーバッグにもチラシを入れて持ち運びながら配ってました。。

配るときは、徒歩だったり自転車だったりしましたけど、最終的には自転車のほうがラクだし早く配れるかなぁと感じました。

ポスティングしてたときの万歩計
ポスティングしてたときの万歩計

徒歩のほうが散歩気分で楽しいし、一軒家とかは徒歩のほうが配りやすいんですけど、いくら狭い町内でもたくさんの家を回ると、移動距離が長くなって徒歩だと疲れるんですよね。

生きる
生きる

それに、少し離れた地域の団地が範囲だったりしたので、後半は自転車で配ることが多かったです。。

一番配りやすくてそこそこ稼げた週の明細
一番配りやすくてそこそこ稼げた週の明細。この週は合計で5,210円の収入がありました。(下の方少し写ってないです)
生きる
生きる

単価は他を知らないので分からないですけど、高くはないと思います。

上の明細のときが、たぶん一番配りやすくて、時給換算でも一番高かったときです。

そのときで、時給換算800円~900円くらいでした。

生きる
生きる

1,000部が3つは同じ家に3種類のチラシを入れるだけなので、そこまで大変ではないです。

上より広い範囲を配ったけど枚数が少なかったので稼げなかった週。合計2,212円。
上より広い範囲を配ったけど枚数が少なかったので稼げなかった週。合計2,212円。
生きる
生きる

1件に1枚を広い範囲に配る場合のほうが、稼げないのに時間がかかるし、移動距離も長くなって疲れるので大変です。。

ちなみに、バイトの後半はほとんどそんな感じでした。(1件1~2枚を広い範囲に配る)

時給換算だと500円とかそれ以下だったと思います。

バイトの途中から水道屋さんのマグネット広告がなくなりました
バイトの途中から水道屋さんのマグネット広告がなくなりました
生きる
生きる

8月後半だったか9月前半だったかに、マグネット広告を配ってた水道屋さんがボッタクリか何かで業務停止命令を受けたんですよね。うちはそのチラシを配ってたわけじゃないんですけど、自粛したのか何なのか、水道屋さんのマグネット広告の依頼がそれ以来まったくなくなりました。。

今も同じ状態だとしたら、なかなか稼ぎづらいだろうなぁと思います。

生きる
生きる

仕事内容についてはこんな感じです。。

ポスティングバイトのメリット

  • ほとんど人と会わないで済む
  • 自分のペースで仕事できる
生きる
生きる

メリットは人と関わることが少ないことです。

うちの会社は開始と終了の連絡が必要で、それがホントにめんどくさかったんですけど、そういうのがなくて、出社も必要ない会社なら、まったく人と喋らずに仕事できると思います。

生きる
生きる

あと、稼ぐことに執着しないなら、自分の好きな日の、好きな時間に、好きなペースで仕事することも可能ではないでしょうか。。

ウーバーイーツも同じですけど、稼ごうとすると「自由に働く」とか言ってられなくて、結局フルタイムでガッツリ働かないと稼げないんじゃないかなと思います。

ポスティングバイトのデメリット

  • あまり稼げない
  • 配る物にもよるけど、引け目を感じる
  • 住民とトラブルになることもあるらしい
生きる
生きる

デメリットは稼げないってことですかね。。

時給制だったり、原付きバイクで大量のチラシを大量に配るとかだったら分からないですけど、自分が働いた感じだとフルタイムで働いたとしても、そこまで稼げるとは思えなかったです。

生きる
生きる

あと、やってて引け目を感じるというか、ゴミを配ってすみませんみたいな気持ちには少しなります。。

飲食店のクーポン付きのチラシとか、地域の広報誌とかならいいんですけどね。

自分の場合、主に配布するチラシが不動産屋さんと水道屋さんと新聞屋さんっていう・・・。

生きる
生きる

そういうのもあってか、住民の方とトラブルになる配達員の人もいました。

ただ、律儀に全部の家に配る必要はないので、そのへんはうまくかわせばトラブルになることも少ないのかなぁと思います。

生きる
生きる

自分は、庭掃除とかで家の外に人が出てたら配らずに避けてたので、トラブルになったことはないです。。

1回だけ人がいるのに気づかずにチラシを入れようとして、「チラシいらないよ」って言われたことはあるんですけど、別に怒ってるとか怖い感じじゃなくて普通の感じで言われたので、それも特に何も思いませんでした。

生きる
生きる

なので、デメリットというか、もしかしたら怒られたりすることがあるかも?注意してね。ってくらいの感じですかね。。

まとめ:別の会社でまたやってみたい気もします

生きる
生きる

同じ会社はイヤなんですけど、もう少し条件がいい感じのところがあれば、またやってみてもいいかなぁと思います。。

興味のある方がいれば、実際に働いてみて、もしよかったら感想を聞かせてください。

そんな感じです。

生きる
生きる

以上になります!

では。

コメント