「個室鑑賞 宝島24」のススメ

宝島24のススメ半ネカフェ難民生活

こんにちは、生きる(@loveho_z)です。

生きる
生きる

こんにちは。

前回の記事で、電柱調査のバイトをはじめたことを書きまして、、そのバイトにビジネスホテルとかネカフェから通ってると書いたんですけど、一番よく使ってるのが「宝島24」という個室ビデオ屋さんです。(基本は男性がエロビデオを観て過ごすお店ですけど、一応女性の入店も可能です)

生きる
生きる

宝島24の渋谷西口店をよく使います。。

なので、宝島24(渋谷西口店)のオススメポイントとかを書いてみたいと思います。

※主に渋谷西口店について書きます。店舗によって料金やサービスが違うので、他の店舗を使う場合はホームページ等で確認してください。

スポンサーリンク

完全個室でカレー無料(24時間食べ放題)、シャワー無料(タオル貸与)、歯ブラシ付きで、料金2,480円(渋谷西口店の場合。18:00から入店可で最大16時間)

宝島24渋谷西口店料金プラン
個室鑑賞 宝島24 渋谷西口店ホームページより
生きる
生きる

一言でいうと「安い」です。

パック料金が安い上に時間も16時間と長く(ネカフェだとナイトパック12時間が多い)、カレーが24時間食べ放題で無料なので、食費も浮きます。

シャワーも無料で借りれますし、有料ですがコインランドリーもあります。

宝島24のコインランドリー
洗濯機は1回200円。乾燥機は30分100円です。

このお店を知ってからは普通のネットカフェに行くっていう選択肢がほぼ無くなりました。

生きる
生きる

最初は、快活クラブとかカスタマカフェ(ここもカレー無料)とかを使う予定だったんですけど、場所的にも値段的にも、今のところは宝島24一択ですね。。

宝島24の個室(フルフラット)
フルフラット(喫煙)の個室。上が空いてるとかもなく、ちゃんと完全個室です。
宝島24渋谷本店料金プラン
渋谷本店はもっと安いです(ただ、トイレが汚かったのと部屋ごとの温度調整ができなかったので、1回きりで行ってません)
生きる
生きる

これだけ安くて、食費も浮かせられるとなると、普通に暮らせそうだなと思いました。

宝島カレーコーナー
カレーコーナー。レンジがあるのでおかずを持ち込んでご飯だけもらうのもアリだと思います。
宝島食堂
食事コーナー。自分が使ってる時間帯(18:00~19:00)は、あんまり人がいません。
生きる
生きる

安く住民票を置ける場所があれば、今住んでる家いらないかもしれないです。。

個室ビデオ生活のデメリット(宝島24渋谷西口店の場合)

ネットカフェと違ってドリンクバーがない

カレーと麦茶
カレーコーナーには麦茶や水などの飲み物が置いてあります
生きる
生きる

デメリットと言うほどでもないですけど、ドリンクバーはないです。。

店内に自販機はありますけど、自分はお店に行く前にコンビニで2リットルの水を買って、それを飲んで過ごしてます。

階段の上り下りが疲れる

宝島24渋谷西口店3階
3階が受付です
生きる
生きる

渋谷西口店はビルの3~5階が店舗になってます。3階に受付、シャワー、コインランドリー、食堂が集中してるので、4階や5階の部屋になったら、行き来が少し大変です。。

エレベーターがあるんですけど、1基しかないですし、他のお店のお客さん(5階にゴルフのスクールがある)も乗り降りするっぽいので、自分はあんまり使いません。

生きる
生きる

電柱調査が歩き回る仕事なので、ちょっとの上り下りでも疲れます。。

完全には疲れが取れない気がする

無料のシャワールーム(1回20分)
無料のシャワールーム(1回20分目安)
生きる
生きる

これは仕方ないですけど、やっぱり完全には休まらないですよね。。

シャワーとか食事とかトイレの度に部屋から出るのはめんどくさいですし、音も一応防音らしいですけど、それなりに聞こえるので気を使いますし・・・。

生きる
生きる

どうしても体がキツかったらビジネスホテルに泊まるとかしないとダメかなぁと思います。。

それかカプセルホテルとかですかねぇ・・・。

安く泊まりたいならオススメ

入店時にバスタオル1枚、歯ブラシ1本、おしぼり4~5枚、コンドーム1個を受け取ります。(館内着やブランケットを渡してくれるときもあります)
入店時にバスタオル1枚、歯ブラシ1本、おしぼり4~5枚、コンドーム1個を受け取ります。(館内着やブランケットを渡してくれるときもあります)
生きる
生きる

そんなわけで、渋谷周辺で安く泊まれるところを探してるなら、宝島24の渋谷西口店がオススメです。

家賃払えなくて家を追い出されてホームレスになったとしても、今だったら日雇いバイトでもして(普通の仕事でもいいですけど…)こういう安いとこに泊まって、宿泊費用と食費を節約すれば、生活立て直せるんじゃないかと思ったり。

あと、ウーバーイーツの拠点とかにもいいかも。

宝島伝票
18時になったら即入店。仕事終わり~18時までの空き時間がちょっとキツイ。
生きる
生きる

自分も家いらないんじゃないかと思ってたりします。。

家がなければひきこもることもできないので、自分みたいなひきこもりがちな人間はネカフェ難民というか個室ビデオ難民もありなのでは・・・。

生きる
生きる

どうなんですかね?

今回のコロナ禍みたいなことがあれば一瞬で詰む可能性もありますけど、機会があったら個室ビデオ難民になってみたい気もします。

生きる
生きる

そうなったときはブログで報告したいと思います。。

今回は以上です。

おわり。

コメント