自動文字起こしソフト「Vrew」の使い方を解説 | Youtube動画の作成に便利

VrewYoutubeのはじめ方

こんにちは、生きる(@loveho_z)です。

生きる
生きる

今回は、無料で使える自動字幕生成ソフト「Vrew(ブリュー)」の紹介と、使い方の解説をしていきます。

Vrewの特徴
  • 無料で使える(※2021/4/19時点)
  • 自動で文字起こしができる
  • 無音部分をカットできる
  • 文字の大きさや色、表示位置の調整が可能
  • 文字の縁取りや背景、影を付けることが可能
  • フォントの変更可能
生きる
生きる

将来的には有料になりそうな気がしますけど、現時点では無料で使えるので、ありがたく使わせてもらいましょう。

スポンサーリンク

Vrewをダウンロード

生きる
生きる

ダウンロードは下記のサイトから可能です。PC版とiOS版があります。

PC版は、MacとWindowsのどちらでも使用可能です。

PC版
iOS版

会員登録をする

会員登録に必要なのは名前とメールアドレスとパスワード
会員登録に必要なのは名前とメールアドレスとパスワード

会員登録に必要なのは、「名前」と「メールアドレス」、自分で決める「パスワード(6~16文字の半角英数字)」のみです。

生きる
生きる

名前は本名じゃなくて問題ありません。

Vrewの使い方(字幕の追加・編集、動画のインポート・エクスポート)

動画をインポート

生きる
生きる

動画のインポートは、ファイルを選んで行う方法とドラッグ&ドロップで行う方法の2種類があります。

「新しい動画を始める」をクリックでファイルを選んでインポート
「新しい動画を始める」をクリックでファイルを選んでインポート

ファイルを選んでインポートするには、Vrewのウインドウの左上にある「新しい動画を始める」をクリック。

その後、インポートしたい動画ファイルを選んで、言語の設定を行えばインポートが始まります。

ドラッグ&ドロップでインポート
ドラッグ&ドロップでインポート

ドラッグ&ドロップは、インポートしたい動画ファイルをVrewのウインドウにドラッグ&ドロップです。

Vrewのロゴを消す

動画をインポートできたら、先にVrewマークを消すのをおすすめします。

生きる
生きる

無料で使わせてもらっているので、宣伝してあげたい。消さなくていい。という場合は、この手順は飛ばして大丈夫です。

Vrewマークを削除
Vrewマークを削除

削除の方法は、左上のプレビュー動画に表示されているVrewのロゴを2回クリック→×ボタンorキーボードの「Delete」キーをクリック→「削除」をクリックです。

字幕の編集・調整

生きる
生きる

動画をインポートしたら自動で字幕を付けてくれるんですけど、間違ってる部分があったりするので、手動で調整していきます。

フォントを調整する

また、フォントの調整もしておくと、見やすい動画になります。

フォントの設定は「書式」から行います
フォントの設定は「書式」から行います

フォントは、最初から用意されているもの以外は、PCに保存されているものが反映されるので、使いたいフォントがある場合は、先にインストールしておかないといけません。

サイズは直接数字を打ち込んでも変更できます。

装飾は、「輪郭(縁取り)」、「背景(座布団)」、「基本(何もなし)」、「影」の4種類です。

「輪郭」は太さを変えることはできますが、2重にしたりはできません。

動画のカットと字幕の編集

字幕の編集画面
字幕の編集画面

字幕は上記の画面で編集していきます。

番号を振られた場面(クリップ)ごとに、同じ文章が上下に2つ並んでいますが、上の「動画編集」の列が実際の動画に対応していて、下の「字幕修正」の列が、表示される字幕に対応しています。

字幕の編集(青の縦線はわかりやすくするためにこちらで追加してます)
上の「動画編集」部分は単語でわかれています(青の縦線はわかりやすくするためにこちらで追加してます)
生きる
生きる

上の文章(単語)をカットするとその部分の動画がカットされて、下の文章を書き直すと動画に表示されている字幕が書き直されます。

「あの」とか「その」とか、必要ない部分をカットしたいときは上の「動画編集」にある単語を削除、表示されている字幕を修正したいときは下の「字幕修正」の文章を修正すれば大丈夫です。

生きる
生きる

文章にすると分かりづらいかもしれないですけど、実際にやってみたらすぐに分かると思います。

「動画編集」部分の単語は、ダブルクリックして編集すれば、分割することも可能です。

無音部分のカット

無音区間を短縮で無音部分をカット
無音区間を短縮で無音部分をカット

無音部分のカットは、「編集」画面の「無音区間を短縮」からできます。

「調整」ボタンをクリックすれば、動画内にある[…]を自動で削除してくれます。

元に戻したい場合は、「復元」ボタンで元に戻すことも可能です。

生きる
生きる

[…]の部分に音声が入ってる場合があるので、調整したあとは確認したほうが良いと思います。

完成した動画をエクスポート

テキストのみのファイルをエクスポートすることも可能です
テキストのみのファイルをエクスポートすることも可能です

動画のエクスポートは、「ファイル」画面から「動画をエクスポート(mp4)」もしくは「他の形式でエクスポート」で可能です。

テキストファイルや、透明背景の字幕付き動画などでもエクスポートできるので、細かい修正を動画編集ソフトで行うこともできます。

まとめ

生きる
生きる

かなり便利なので、ぜひ使ってみてください。

とりあえず、現時点(2021/4/19)では無料なので、気になった方は1度使ってみるのをオススメします。

PC版
iOS版

コメント